atomで自作プラグインの構文チェック

遅々ちちとして WordPress のカスタマイズをちまちまとプラグイン化している毎日ですが 色々といじっているうちにタブやスペースの取り方 の管理 が雑になってきたので 今更ながら Atom Beautify Linter Phpcs WordPress-Core を使ってみました

いざ使ってみるとファイル名の変更にまで関わってくる結構なダメ出しを喰らい github での差分も追いにくくなってしまったので 忘備録としてファイル名変更前の差分リンクを残しておきます

スポンサーリンク

ファイル名の変更

plugin.php
本体ファイルの plugin.php

まずプラグイン本体ファイルの plugin.php を開いてみると この時点で Linter からエラー 118 警告 9 個を頂きました 画像の左下部です

どんなエラーか上から順に見ていくと まずはいきなり InvaridClassFileName

InvaridClassFileName
InvaridClassFileName

クラスを使っているならファイル名はそのクラス名に準ずるべきだ みたいな事を言われましたので ファイル名を plugin.php から class-thx-customize-core.php へ変更します

ファイル名を変更することにより github での history が追えなくなってしまうので 忘備録リンクとして変更前の plugin.php を貼っておきます

Atom Beautify

ファイル名も新たになり github history が機能するので早速と Beautify します

Beautify後
Beautify

この時点で Linter からはエラー 11 個の警告 9

Beautify スゲー これだけでエラーが九割減ですね

差分がこちら ってこれって結構恥ずかしいっすね 自分のいたらぬトコを公開するって

M じゃないハズ

クラス名の変更

Class name must begin with a capital letter
Class name must begin with a capital letter

Class name must begin with a capital letter

クラス名は大文字で始める must です 変更します

曖昧な評価式と Yoda

=== Yoda

Found: ==. Use strict comparisons (=== or !==).

== ではなく === !== を使いなさい

Use Yoda condition checks, you must.

Yoda 表記にしなさい must です 変更します

その他細かな修正

あとは細々とした修正なので隠しておきます 興味がありましたら御覧ください

Beautify で変わったインデント

Beautifyで変わったインデント
Beautify で変わったインデント

長い行は見辛みづらいのでテキトーに改行していたのですが Beautify 的にはよろしくない様でインデントが変わってしまいました そこで 変なトコで改行をせず 変数化して文字数を減らし見易みやすくします

not in valid snake_case format

not in valid snake_case format
not in valid snake_case format

インスタンスの変数名がアンダーバー表記でないのを指摘されます

そもそも インスタンスにする必要がなかったので static メソッドに変更します

コメント