thx.jp/

thx.jp/ プラグイン イメージ

当サイトは WordPress の無料テーマ Cocoon を使用させていただき 細々こまごまとしたカスタマイズを細々ほそぼそとしております

カスタマイズの種類 手法が増え その管理も煩雑はんざつになってきましたので 整理整頓もかねて順次プラグインにしております

こちらのプラグインは Cocoon の機能に依存しない WordPress の汎用的なカスタマイズを行っております

主な機能は文字組みに関するものになっており 当サイトの読み物 段落を整えて表示する WordPress InDesign の様な文字組 シリーズなどをつちかってきたものです これらのカスタマイズは 使用される方の好みによっては全く不要な機能ですので 各機能ごと on/off が可能です

また 他のプラグインで共用可能な機能を集約しているため 当サイトのプラグイン Lite 版を除く を使用する際は必須のプラグインとなっております

check
  • カスタマイズは自己責任でお願いします。
  • wp-cocoon.comサイトのサポート対象外となります。

主な機能はこちらになります

スポンサーリンク

アンチエイリアス処理

画面表示される文字にアンチエイリアス処理が成される様 次のスタイル指定を追加するカスタマイズです

weight の細い文字や白抜き文字などは可読性が低下する場合もありますので お好みに応じてご利用ください

 body { 
   -webkit-font-smoothing: antialiased; 
   -moz-osx-font-smoothing: grayscale; 
 } 

テキストの自動拡大

引用符の解除

WordPress が自動で行っている 引用符などの変換機能を解除するカスタマイズです

欧文 半角英数字 に含まれる " ' などが 全角の に自動で変換されてしまうのを防ぎます

行間の崩れないルビ

通常の <ruby> タグでは <rt> タグが原因となって先頭行が沈んでしまったり 文章中の行間が崩れたりしてしまいます

<rt> タグを使用せず ルビの発生方法を変更するカスタマイズです

和欧間スペース

和文と欧文の間にスペースをもう 和欧混植文章の可読性を高めるカスタマイズです

web 上での和欧混植はそれほど問題視はされておりません InDesign などの組版ソフトでは和文と欧文のアキが調整できたりと 紙面上での和欧混植では欠かせない機能ではないでしょうか

もっと 和欧間のアキを取らない文章が好みの方もいらっしゃいますので 一概に必須の機能とはいえませんね

jQuery を使用したクライアント側での処理 上記の記事ですね php を使用したサーバ側での処理が選択でき 両者ともにメリット デメリットがあります

jQuery 版のメリット

html 展開後の処理になりますので html タグとタグ以外との区分が明瞭になり 精度の高い和欧間スペース取りが可能です

jQuery 版のデメリット

amp ページでは機能しません

php 版のメリット

amp ページでも機能します

php 版のデメリット

alt 属性など html タグ内の文章内に > を使用していると画面表示が崩れてしまいます &gt; としてあれば問題ありません